【デレステ】O-Ku-Ri-Mo-No Sunday!のプロデュースレシピ獲得がギリギリだったことに対する考察

こんにちは、えあーです。

今回のイベント「O-Ku-Ri-Mo-No Sunday!」でも無事にプロデュースレシピを獲得することができました!

ただ、今回は普段のパレードより動員数がギリギリだったように感じます。

今までのイベントでは割と余裕でレシピが取れるボーナスイベントだったのですが、
今回は最終日の終わりかけまでかかるという結果に。

どうしてこうなったのかの考察を行いました。

個人的な理由ではなくちゃんと別の理由がありました。

1. イベント開催日数

結論はこれです。

ここ最近のLIVE PARADEイベントは全て9日間開催(198h)なのに対し、
今回のO-Ku-Ri-Mo-No Sunday!は8日間開催(174h)でした。

最近、イベントの日数差に関する話をアタポン形式のイベントでしていますので合わせてご覧いただけると理解が深まるかもしれません。

今回のイベントではボーダー等は存在しないので、
単純に日数が減った分がそのままポイント・動員数の減少につながっているわけです。

スタミナ差にして、なんと338です。
(内訳:24時間で回復するスタミナ:288 + 当日限定スタミナドリンク:50)

これは、スタミナ消費45の公演を7回走れるスタミナの量であり、
動員数にしておよそ14万人の差が出ることになります。

およそ12%動員数が少なく感じられるわけです。
そりゃ厳しいわけだ。

ということで、結論が出てしまいましたが、
ついでにもう少し考察していきます。

2. プロデュースレシピ獲得までの必要スタミナ量計算

せっかくなので、プロデュースレシピの獲得にどの程度のスタミナが必要なのかを計算しておきました。

条件は以下のとおりです。

  • スタミナ45公演を周回する
  • 計算の手間を省くために動員数を一律2万人とする

スタミナ45公演を選んだ理由は、「毎回比較的簡単な公演がある」ことです。

スタミナ50公演のほうが効率がいいのですが、
Ex公演にしか存在しないため、条件が厳しい場合があり、
公演失敗のリスクが大きいので避けています。

また、動員数2万人については、LIVEオプションを5%以上のものにすることでそれより多い数値を出すことができます。
使うときと使わない時があると思うので、おおよそ2万人といたしました。

したがって、スタミナ45公演を周回する回数は、

115÷2=57.5 となります。
スタミナ45公演以外も周回すると思うので、切り上げて58回としておきます。

以上より、必要なスタミナは

45×58=2610
となり、おおよそ2600スタミナがあればプロデュースレシピを獲得できる計算になります。

実際にはもう少し多いと思っておいていいのではないでしょうか。

3. イベント期間で獲得できるスタミナの計算

最後に、イベント期間で獲得できるスタミナ量を計算しておきます。

9日間開催イベントの場合

開催時間:198h×12=2376
当日限定スタミナドリンク:50×9=450
あわせると2826になります。

自然回復と当日限定スタミナドリンクがあればプロデュースレシピが獲得できることが確認できます。

さらに、多くの場合はスタミナを全回復させた状態でイベントを開始すると思うので、
スタミナゲージ1本分加わることになります。
途中レベルアップも加味すれば2本分、3本分になる人も少なくないでしょう。

そうなると、多くの人がこの値に加えて100~200程度のスタミナを獲得できると考えられます。

計算上、約1日分のスタミナが余ります。

これが今までのイベントにおける「余裕」の正体です。

8日間開催イベントの場合

開催時間:174h×12=2088
当日限定スタミナドリンク:50×8=400
あわせると2488になります。

2600に届かないことがわかります。

したがって、先ほどの開始前の1本分や、レベルアップによる全回復を加味しなければ、
プロデュースレシピの獲得は難しいということがわかります。

とはいえ、消費するスタミナドリンクもそこまで多くはないはずですが、
一応足りるはずという前提で消費計画を立てているとちょっと面食らいますね。

まとめ

計算してみるとやっぱりきつかった。

【デレステ】O-Ku-Ri-Mo-No Sunday!のプロデュースレシピ獲得がギリギリだったことに対する考察」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【デレステ】「Gossip Club」イベントはしっかり周回すべし! | えあーの雑記録(仮)

コメントを残す