paypayでゆうちょ銀行からのチャージが復活したので本人確認再申請した話

スポンサーリンク

こんにちは、えあーです。

ドコモ口座の問題でpaypayで銀行口座チャージが使えなくなってしばらく経ちましたが、
いつの間にか使えるようになっていたので申請しました。

なにやら再度本人確認(eKYC)をすることで、再使用できるようになるらしいです。

paypayのようなバーコード決済はいちいちチャージしなくても銀行口座から送金して使えるのが魅力なので、
ここは迷わず使えるようにしていきます。

スポンサーリンク

手順

まずは「アカウント」を開きます。

ここでは「詳細」を押すだけなので簡単です。

で、その中から「本人確認・口座認証」を押します。

……すでに『完了』になっているのは罠です。

以前使用していたときには申請が完了しており、
その頃の情報が残っているため「完了」状態になっているだけで、
ドコモ口座事件以降に使用するには再度認証が必要。

わかりにくい。

罠を超えるとこんな画面に変わります。

で、こんな画面に移るので、
「顔認証と身分証で本人確認をする」か「情報を更新する」を押して、
更新作業に入っていきましょう。

……で、ここからがやばかったんですけどね。

※ここから先は個人情報満載だったので画像なしです。すみません

本人確認書類提出

まずは本人確認書類を撮影。

なお、使えるのは3つだけ。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 運転経歴証明書

通知カードはNG。
もちろん学生証とかもNG。

つまり運転免許無しの人はマイナンバーカード一択、ということに。
割と厳しいなぁ。

私は運転免許を持っていたので問題なし。
運転免許証を選択して、次へ。

次は運転免許証を撮影。

真上から、ぶれないように撮るだけ。簡単。

で、その次は……厚み撮影

????

????????

「なにそれ?」って気持ちになりました。

おそらく他人の運転免許証等で通らないようにするための対策。
コピー等じゃなくて実物であることの証明のために、厚みがあることを撮影で示してほしいそうな。

ちなみに斜め45度くらいから撮影するだけなので、
面食らうけどやること自体は非常に簡単。

さらに裏面の撮影を求められる。

これで本人確認書類の撮影は完了。

顔写真撮影

次に免許証と照合するためでしょうか、顔写真を提出しなければいけないそう。

自動的にインカメラになるので、枠に自分の顔が入るように、
スマホが地面に対し垂直になるように……あれ?

全然進みません。

どうやら枠が青色になると下の撮影ボタンが有効になり、
有効になった撮影ボタンで撮影をしなければいけない模様。

なるほど、そういうことねとわかったのでやってみる。

……が、全然青色にならない。

光の加減か?角度か?と全然わからないのでスマホを持ってくるくる。

たまに「青くなった!」と思ってボタンを押そうとするも、
毎回0.5秒くらいですぐに白く戻ってしまうので反射神経ゲームみたいなことになる。

諦めて撮影ボタン付近を連打して、青くなった瞬間に勝手に撮ってくれることを祈った。

青くなった。

「カシャカシャ」
やっと撮れた、そう思ったのもつかの間、

『エラーが発生しました』

……そして、最初の画面に戻された。

やり直し!

ということでやり直しを食らったのでもう一度。

……もう一度、運転免許証の撮影から

そこからやらなくてもいいじゃん…(´・ω・`)

とはいえこれを乗り越えないとpaypayが(実質的に)使えるようにはならないので、
頑張るしかないのだ。

そして2周目、運転免許証を撮影し、自分の顔を撮影……

『エラーが発生しました』

あーめう。

このへんで起こってスマホを壁に投げつけかけたけど0時半くらいで迷惑なので抑えて、
自動応答に質問投げたけど解決策は出ず。数分休んで再挑戦。

やり直し。

ということで三度目の正直。

改めて運転免許証撮影、顔写真撮影、
今日はもうだめなのかと半ば諦めかけていたその時……

なんと撮影成功!

確認画面が出て、やっと次の項目に進むことができた!

ということで次はまばたきチェック。
なんぞやそれ?という感じでしたが、
顔写真の人がちゃんと動いているのを確認する?ためのものなのだろうか。

とりあえずカメラに向かってまばたきするだけ。
よくわからないまま完了。

あとは名前や住所を入力して、終わり!

2週間から1ヶ月程度で審査結果が帰ってくるそうです。

スポンサーリンク

さいごに

謎のやり直しが2度も発生して心が折れかけましたが、
なんとか再申請できました。

最初にも述べたとおりバーコード決済は手軽さが命なので、
スマホから数タッチで入金でき、数タッチで支払える、
そういった環境であってほしいと思っています。

いろいろあったので情報の保護は非常に大切ではあるけれど、
もう少しやりやすいといいなーと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました