AirPods Pro買いました。一週間ほど使ってみて。

こんにちは、えあーです。

先日AirPods Proを購入しました。

ということで一週間ほど使ったので、適当に感想をまとめます。

ノイズキャンセリング

目玉の一つであるノイズキャンセリングについて。

正直な感想、音が消えます。

消えると言うと言い過ぎでは?と思われるかもしれませんが、
電車の中の音、高架下の音、道路脇など、
いわゆる騒音に分類されるものはかなり音が小さくなります。

ここまで効果があるのか!という感じ。

いろいろな「騒音」がだいぶマシになるので、ある意味耳に優しいかもしれません。
高架下でも音楽が聞こえるのはいいぞ…!

しかも、このON/OFFをかなり手軽に切り替えられるのも良いポイント。
イヤホンに感圧センサーがついており、
これを長押しすると「ノイズキャンセリングモード」と「外部音取り込みモード」が切り替わります。
コンビニとかで店員の声が聞こえない問題などもあっさり解決です。すごい!

感圧センサー、この赤丸の凹んでいる部分です。
わかりにくく見えるけどすぐにどこにあるのか慣れるので安心。

バッテリー

本体自体はそんなに長時間持つわけではないみたいですが、
ケースに入れて充電するので、ケースが結構電池が持つ都合上かなり電池は持ちます。

1日数時間使っても数日に1回でOK。
しかも蓋を開けたときにバッテリー残量が表示されるので充電し忘れにくい。

ワイヤレス充電を持っている人はケースがワイヤレス充電に対応しているので、
使わないときにその上に置くようにすればバッテリー切れとはおさらばできそうです。

私は持ってないので適宜充電することにします。

音質

あんまりわからん。

前に使っていたイヤホンが3000円くらいのやつなので、
それよりいいのは明らかですが、
1万円くらいの有線イヤホンとは比較できません。ごめん。

どちらかと言うと利便性寄りのアイテムなので、
同価格帯のイヤホンよりは若干劣るのでは?と思っています。知らんけど。

注意点

ちょっと使っただけですが、
完全分離型イヤホンは初だったので気をつけることが多かったです。

落とさないように気をつけましょう。

言わずもがな。
小さいので落としたりなくしたりしやすい。気をつけましょう。

イヤーピースは適切な大きさのものを。

イヤーピースが3種類あるので、
自分の耳に合うものを選びましょう。

ノイズキャンセリングの性能にも関わってきます。
ノイズキャンセリングなのにノイズが増えるみたいな…

ケースの充電に気をつける。

イヤホンをケースから取り外すと、ケースの電池残量は見えなくなります。
時々ケースの電池残量も気にして、必要なら充電しましょう。

……ワイヤレス充電器の上にいつも置く人には関係ないですが。

さいごに

高いイヤホンだなと思っていましたが、いざ買ってみるとかなり便利でした。
音楽を聞く、iPhoneユーザーの方はぜひ一度検討してみたほうがいいと思います。

余談ですが、ケーブルはUSB-Cとlightningです。

別にUSB-Cから給電しなくても、以前のlightningケーブルも使えるので、
USB-Cの穴を持っていない方でも安心してください。大丈夫です。

コメントを残す