【キーボード】REALFORCE R2S-JPV-IVを1ヶ月ちょっと使った感想とか

こんにちは、えあーです。
9月頭くらいに購入した「REALFORCE R2S-JPV-IV」を1ヶ月位使った感想とかを話そうかなと思います!

1. REALFORCEとは

Topre(東プレ株式会社)のキーボードで、静電容量無接点方式を採用した高級キーボードです。
私が購入したときは23700円でした。

↓こいつです

なんたら方式的な話はまた今度ゆっくりしたいですね。ざっくり言うとメンブレン、パンダグラフ、メカニカル、静電容量無接点の4つでそのへんにあるだいたいのキーボードはメンブレンかパンタグラフです。
このREALFORCEシリーズは金融機関などでも使われている信頼性の高いキーボードで、純国産であり非常に質が良いと言われています。
実際、私が購入したきっかけはTwitterでやたらと勧められたという感じでした。
キーボードどうしようかな?的な話をすると(ガチ勢から)まず挙がるキーボードシリーズです。
それぐらい有名だし、それぐらいしっかりしているキーボードです。


中身はこんな感じ。
パッと見には高そうに見えないので格付けチェック的な遊び方もできます(そうじゃない)
ゲーミングのように光ったりはしないので真面目そうに見えるのもいいところですね。

2. 良かった点

言葉で説明するのは難しいのですが、打鍵感としては「スコスコ」とハマっていく感じがします。
これに関しては「実物を触ってくれ!」と言いたくなる気分ですが、一般的なキーボードにある不快な感じがしません。
と言ってもそんなに文字を打たない人には伝わらないかもしれないですけどね…
個人的には普通のメンブレンキーボードに違和感があるくらいになってきました。
学校のキーボードもこれにしたいくらいです。社会人になったら会社用にもう1台買おうかなと思っています。

また、このキーボード、私が買ったもの以外にも様々な型があり、キーの重さや色、静音の有無などが選べます。
好きなカスタマイズのキーボードが選べるのもいいところですね。

ちなみに私のものはキーの重さが変荷重で、小指で押すキーが少し軽めの30g、他が45gになっているようです。Escは55gだとか。
確かに端のキーを軽い力で押せているようなそんな感じがします。
打鍵音もかなり静かで、通話していてもあまり気にならないと言われました。
前のキーボードのときはそこそこ音が入っていたみたいですが、今度は目立つほどではないそうです。
とはいえ静音タイプなので、通常タイプだと普通に音が入るかもしれません。通話しながら作業する人とかは静音のほうがいいかも。

3. 悪かった点

思ったよりキーボード本体の高さが高いです。物理的に。
なのでこんな感じのパームレストが無いと手首が疲れそうなのでご注意を。

あと私はそこまで悪い点だとは思いませんが、やっぱり値段が高いです。
キーボードにいきなりこの金額をかけるのは勇気がいるので、いろいろ調べるのが大変でした。
また、先程様々な組み合わせがあり好みのものを選べると言いましたが、すべての組み合わせがあるわけではありません
本音を言えばベースカラーは黒が良かったけど昇華印刷を優先した結果白になりました。
また、先程言った変荷重のデメリットとして、ゲームには向かないというのがあります。
AとDで重さが違うので普通にゲームに対しては不便です。
そういう人は変荷重ではなく等荷重のものを買いましょう。ゲーミング推奨ではないですが、普通に使えます。

4. おすすめ度

結論から言うと、個人的にはかなりおすすめです!
悪い点はいろいろな方法でカバーできるし、私のようにパソコンで文字を入力する機会の多い人は買って損をしない一品だと思います。
逆にゲーマーの人は普通にメカニカルキーボードでいいかもしれません。少なくとも等荷重にしましょう。
好みはあると思うので、可能なら実機を触ってから購入するのをおすすめします。
ヨドバシカメラやビックカメラには実機が置いていることも多いので、お近くの店舗に足を運んでみてください!

【キーボード】REALFORCE R2S-JPV-IVを1ヶ月ちょっと使った感想とか」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 【キーボード】3000円以内で買えるおすすめワイヤレスキーボード4選を紹介! | えあーの雑記録(仮)

  2. ピンバック: 【雑談】日常的に使うものはいいものを | えあーの雑記録(仮)

コメントを残す