JSTQBに謎のシールが付いていた

JSTQBの合格証に、謎のシールが付いていた。

こんにちは、えあーです。

先日JSTQB FLの試験に合格しました。

ということで、本日その証書が到着しました。

証書そのものは非常によくあるものです。
特に変わったところはありません。変わっている必要もないので問題はないです。

が、同封されているアイテムにわからないものがありました。

謎のシールが100枚も同封されていた!

謎のシールが同封されていました。
しかもその枚数なんと100枚
普通に考えればかなり過剰な量であるように感じます。

JSTQB FLロゴのグッズ……だとしてももらっても使い所無いような気がするんですけど。

と思って、同封書類を確認しましたが、
特に記述はありませんでした。

ただただ、「シール 100枚」と記載されていたのみで、
特になんのシールなのかは明記されていませんでした。

シールの正体

そこで、JSTQBの公式サイトにアクセスしたところ、
その答えが書いてありました。

JSTQBでは2007年度(第3回)よりのFL資格認定取得者に対し、また、2010度(トライアル)よりのAL資格認定取得者に対し、ロゴをデザインしたシール(主に名刺に貼ることを想定しています:約20mm四方)を認定証とともに配布しています。

引用元:JSTQB認定テスト技術者資格-試験結果-

試験結果のサイトの下の方に、細々と書いてありました。

名刺などに貼り付けることで、資格所持のアピールが出来るシールのようです。
なるほど確かに名刺に貼るのにちょうどいい大きさをしています。

ついでに補足で色々書いてあったので、簡単に紹介だけ。

電子データの配布はない

いろいろなものが電子化されている時代ですが、
このシールは2019年現在では電子化データの配布は行っていないとのことです。
ロゴの電子化はしないポリシーとのことなので、今後も電子化される可能性はほぼないでしょう。

しかし枚数は100枚。頻繁に人とやり取りするような人だと、すぐに無くなってしまうのでは?
そんな不安があると思いますが、大丈夫です。
次の項目をご覧ください。

追加で受け取ることも可能!

有料ですが、上記のサイトに追加受け取りの方法が載っています。
無くなってももらえるのであれば安心です。

郵送で申し込みをし、料金を銀行振り込みすると、
申し込んだ分だけシールが到着する仕組みになっています。

ちなみに100枚で1100円(税込み)です。思ったより高い

まとめ

  • JSTQBのシールは、合格したことをアピールするアイテム
  • 名刺に貼ることを想定して作られている
  • 足りなくなったら発注しよう!

ということでうまくシールを活用して、仕事等につなげましょう。


私は開発者なので出番がなさそうです。

コメントを残す