【書籍】『アウトプット大全』『インプット大全』買ってみた

こんにちは、えあーです。

何かしなきゃ何かしなきゃといい続けるだけであるということに気づいてしまったので、
何か行動を起こそうと思いました。

ここでごちゃごちゃ言った割には何もしていないという。
流石に良くないなと思った次第。やってみれば意外とやるタイプ……だと思う。

まずは手軽かつ効果が高いという話が多いので、
読書に取り組むことに。

今までもラノベとかそういうのは読んでいたけど、
少し趣向を変えてみようかと思った。
技術書はそのうち。プログラミングももっとできるようになりたいし。

ということで、
樺沢紫苑『アウトプット大全』『インプット大全』です。

こちら2冊を購入。
理由は前々から目にはついていたから。

この本、Amazonのレビューとか見てるとこんなことが書いてありました。

『割とまとまっていて見やすいのは見やすいんだけど、
内容的には他の自己啓発本とかに載っているようなことしか書いていない。』

上のようなコメントともに、そこまで高くない評価が付けられていました。

つまりこの人は、
他の自己啓発本をよく読んでいると考えられる。
その人が『他の自己啓発本とかに載っていることが書いてある』と言っている。

つまり、
こういった類の書籍を初めて読む人には適しているんじゃないか?
そう思い、以前から気にはなっていたものの踏み切れなかったところを思い切って買ってみました。

合わせて500ページくらい。1日30ページくらい読めば、2週間ちょっとで読み終わりますが…
ペースは要相談ですね。こういう本読んだこと無いからわからん。

これらを駆使してこのブログの質も上がればいいんですけど。果たして。

ということでこれからまた読んでいきます。それでは。

~余談~

アウトプットが先なのは出版が先だったからです。
なんでそっちが先になったのかはよく知らないけどもしかしたら中に書いてあるかもしれないし書いてないかもしれない。

コメントを残す