【C/C++】#defineで日本語も使えるので「#define 斉藤」してみた

こんにちは、えあーです。

クソ記事。

#defineを使ってキーワードを日本語に設定してあげると、
クソみたいなコードが書けます。

ということでその一例を紹介。

※処理系によって使えなくても保証しません

ラーメン屋を作ろう!

こんな感じで書いてあげるとラーメン屋ができます。

ラーメン 匠…美味しいラーメンが出てきそうですね。
730円位でシンプルながら何故か美味しい醤油ラーメン。そんなイメージ。

アルファベット表記の方はきっと暖簾分けです。
これだけでも想像が捗る(捗らない)

斉藤(C++)

「さいとう」と読む名字はたくさんあるので、
いろいろ使えば簡単なプログラムならほぼ「さいとう」だけで書けちゃいます。

「わたなべ」でもできるかもしれない。

ちなみにちゃんと「4」と出力されます。
なぜ4になるかはちゃんとプログラムやってる人ならすぐわかるはずです。
処理系によっては違う数字になるかもしれんけど。

斉藤(C)

C言語でもバッチリできました。環境によっては(ry

C、C++いずれにしても一発ネタとしてはかなりの威力になりそうです。
真面目な場所では間違いなく怒られそうですが。

さらに斉藤

カッコも「さいとう」にできるのでは?と思ったのでやってみたらできた。

もはやわけがわからないが、(環境によっては)通る。ちゃんと4って出る。すごい。

スペースがないと動かないところが多い。

そういえばC言語って改行いらないよな…

ということで。

読めん。

~完~

まとめ

#defineを使って日本語を使うことができる。

一部使えない文字もあるっぽいので注意。
もう少し遊んだことができるようになりたい…

【C/C++】#defineで日本語も使えるので「#define 斉藤」してみた」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 【数学?】そろばんってメモリ何バイトあるのよ? | えあーの雑記録(仮)

  2. ピンバック: 【ブログ】1年間やったので個人的お気に入り記事をまとめておく | えあーの雑記録(仮)

  3. ピンバック: 【プログラミング】さじを投げる | えあーの雑記録(仮)

コメントを残す