【日記】リアル謎解きゲーム「暗号じかけの乗車券」に行ってきました

こんにちは、えあーです。
本日、阪急神戸線で開催されていたリアル脱出ゲーム「暗号じかけの乗車券」に参加してきました。

どのようなイベントかというと、いわゆるリアル謎解きゲームなのですが、
謎を解いて実際に別の駅に行き、そこで新しい謎を解く」というものでした。
一日乗車券がついているので間違えた駅に行ってしまっても問題ないですね(そうでもない)。
万が一解けなかった場合は別日に挑戦できますが、一日乗車券は使えないので運賃がかかります。時間は余裕を持って。
他の謎解きゲームが建物の中をうろつく程度で済む中、これだけ大きな移動をしながら遊ぶゲームは初めてでした。
とはいえ、謎解きゲームなのでネタバレ禁止ということもあり、詳しい話がなにもできないのが非常に残念です。手抜きではない
ということで、内容物等の写真は一切なしということでご了承を……
同封物でどれを使い、どれを使わないかなどの情報にもなってしまいそうなので、是非みなさん各自で楽しんでください!と言いたいところなんですが…

本日、実質開催最終日でした。

というのも開催が9月30日までで、そして明日は台風の直撃が来るので電車が止まる可能性が高いと…
仮に止まらなかったとしても、実際に駅から出て外を歩くので暴風の中歩くのは厳しいと思います。
(冊子を広げながら歩くので、ずぶ濡れになって破れてしまいそうです)

今回はバイト先の後輩2名と共に挑戦しました。
本当は6人くらいで挑むつもりだったんですが、台風のせいで日程がずらされましたちくしょう。
次回は同様のイベントがあったらみんなでやりたいねーなんて話もしているので、もしかしたら?

所要時間は4時間程度でした。
阪急側の予測時間と大体同じですね。途中で昼食を取ったことを踏まえると、スムーズに進んだほうだと思います。

期間終わりかけだし雨が降っているしであんまり人はいないという予想でしたが、プレイ中には他にもプレイヤーがいました。
同じ冊子を持って悩んでいる姿が印象的でした。きっと我々も他のプレイヤーから同じように見られていたのかな?と思います。
ただ、企画を知らない人から見るとちょっと変な人に見えそうなのは気になりました。
また、もし人が多かったらちらっと見ただけで動きからやるべきことがわかってしまいそうなのは設置型リアル脱出ゲーム系の共通の弱点ですね。

謎の難易度や分量はちょうどよく感じました。
簡単すぎず、難しすぎずという感じで、詰まってもヒントがあるのでちゃんとクリアできそうです。
(我々はヒントを一切見てないので、どんな内容が書いてあったかはわかりません)
ただ、各ポイントに人がいるわけではないので、誰かに聞いたり、というのはできないようになっていました。

阪急神戸線編とあるので、宝塚線編京都線編もいつか開催されるのかな?と思うと楽しみです。


ということで謎解きに関わる話は一切できないので、終わってから食べに行ったタルトとカヌレの写真でも貼っておきます。
バイト先の後輩の興味のあるお店だったそうです。

【お店の紹介】
三宮にあるPATISSERIE TOOTH TOOTHの本店にお邪魔しました。
上の写真はタルトマロン(590円+税)、カヌレ(200円+税)、TOOTHオリジナルブレンドティー(600円+税)です。
紅茶は3杯分くらい入っていたのでお得感満載でした。
どれも美味しかったので是非行ってみてください。結構混んでます。
お店自体は何店舗かあるようなのですが、ほとんど三宮にしか無いようなので頑張って三宮までいらしてください。

それではまた、別の路線でお会いしましょう。(あるといいな)

【日記】リアル謎解きゲーム「暗号じかけの乗車券」に行ってきました」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【日記】リアル謎解きゲーム「記憶をなくした雪だるま」に行ってきました | えあーの雑記録(仮)

コメントを残す