【日記】全く運動してない人間がボルダリングに初挑戦しました!

こんにちは、えあーです。

先日ボルダリングに初挑戦しました。

普段全く運動していないので不安もありましたが、果たして…?

ボルダリングとは?

ボルダリング(bouldering)とは、フリークライミングやスポーツクライミングの一種で、最低限の道具(シューズとチョーク)で岩や石、人工の壁面などを登るスポーツである。

引用元:Wikipedia

ということでざっくり言うとルールに従って壁を登るスポーツです。

クソざっくり言ってるけど思ってる以上に難しかったです。

詳細

ボルダリングには難易度があり、
簡単なものから非常に難しいものまであります。

難易度によって色が決められており、
決められた色の出っ張りしか使えないというルールです。

とりあえずはじめてということで一番簡単なものから。

自分が思っていたよりスイスイ登れました。

掴みやすい・掴むやつの距離が近い・配置が良い…などなど、
やりやすいようにできているみたいです。

一番簡単なやつは流石に余裕そうだったので、一つ難易度を上げると、ちょうどよかったです。

使える出っ張りがどこにあるか最初めっちゃ探しました。
登ってる途中あんまり見えないんですよね。

最低限動ける人なら一番簡単なものは登れると思うので、

マジで全く何もできないということはそんなに無いと思います。

もしかしたら体重が軽いのが幸いしたかもしれないが

やってみた感想

思ったより登れるんだということで、楽しく感じました。

一つ難易度を上げると一回登ったあとに少しクールダウンさせないと筋力が持たない事が判明。
それくらいがちょうどいい難易度な気がします。

すごいサイクルでひょこひょこ登っていく人を見てすごいなと思いながら、
簡単目のやつに挑んでいました。

周りがガンガン高レベルをやっているなかで簡単なのをやるのは少し申し訳無さもあったのですが、
よく考えたら音ゲーと一緒で他人のプレイってそんなに気にしてないんでしょうね。多分。

その日はそのもう一つ上の難易度に挑んで、ギリギリクリアできずという感じでした。

もし次回行く機会があればそこまでできるようになりたいですね。

ちなみに割と混雑している壁だと登るタイミングが難しかったです。

危険なため一度にひとりずつしか登れないので、
登りたいアピールをしないといけないんですけど、
その方法がよくわかりませんでした。店によるのかな?

あと、簡単なのは行けるのですが、
ちょっと難易度が上がると見た目以上に難しく感じます。

「いけそうじゃん」「え、なにこれ無理」は日常茶飯事。

翌日

しっかり腕が筋肉痛になりました。

仕事がIT系なのでパソコンが打てればセーフということで助かりました。
ドアを開けるのがちょっとしんどかった。

上手い人は腕の力より脚の力を活用するそうなので、
あんまり腕は筋肉痛にならないそうな。マジで?

総括

思っていたより難しかったけれど、
思っていた以上に楽しかったです。

自分は本当に運動をしていないので、
今回自主的に運動したの何年ぶりだろうってくらいですが、
それでもそれなりには楽しめました。

自分のレベルに合わせてできるのは良いポイントですね。

また、価格もそこまで高すぎるというわけでもなく、お手頃にできそうだと感じました。

そのうちまた行くんじゃないでしょうか。
次は…もう少し筋肉痛がマシだと祈ります。

コメントを残す