東海道新幹線『こだまグリーン早特』利用レビュー

こんにちは、えあーです。

先日M3で東京に行った際に利用した
こだまグリーン早特』のレビューです。

1. こだまグリーン早特とは?

EXこだまグリーン早特とは、3日前までの予約で「こだま」のグリーン車を安く利用できるサービス。

時間はかなりかかるようになりますが、
グリーン車で安く快適に移動できるとあって結構人気です。

値段は東京~新大阪間でなんと11410円

東京~新大阪間の通常の運賃が14720円であることを考えると、
時間さえかかってよければ3000円以上お得に移動できます!

普通のグリーン車と比較すると、8000円以上お得に……マジですかー。

ただしEX会員じゃないと使えないようなので注意。

2. 実際に乗車してみて

利用する際は、EX-ICカードを用いて改札にタッチするだけで入れるので非常に楽です。
(このあたりはこだまグリーン早特じゃなくても使えるけれど)

タッチすると、先程の乗車票が出てきます。
検札の際に見せる必要があるので、きちんと持っておきましょう。
(今の所検札を受けた経験はありませんが…)

ということで、しっかりこだま号に乗ります。
指定列車以外は乗れないので注意。
別の車両の自由席にも乗れないので、遅れないようにしましょう…
(ある程度出発前なら変更可能らしいですが)

画面うまく写っていませんがグリーン車に搭乗します。

3. 移動中

こだま号なので、車内販売や自動販売機はありません
また、おしぼりも出てこないので、このあたりはのぞみのグリーン車と差別化されているように思います。

ただし座席はしっかりグリーン車のものであり、普通車と比べて広く快適です。

運良く前後となり全部いない状態だったので、かなりくつろげたように思います。

また、こだま号ならではの楽しみ方として、途中でちょっと降りることができます。

改札を出ることはもちろんできませんが、
後続の列車に抜かれる際に駅に数分間停車するので、
その間にその駅の散策ができます。5分程度ですが。

新富士駅で富士山の写真を撮ったりしました。
まぁ新富士は行き飽きてるんですけどね……

すべての駅で長時間停車があるわけではないですが、
結構な数の駅で停車するので、ちょっと興味のある駅で降りる楽しみもあります。

4. 到着して

無事に到着した感想を。

まずは時間面。しっかり4時間かかります。
朝早く出ても昼くらいに到着することになるので、
時間をシビアに行きたい人には不向きです。

逆に急がぬ旅だという人にはゆっくり出来るのでおすすめかも知れません。

次に体力面。
グリーン車だったということもあり、思っているよりは疲れません
さすがにのぞみのグリーン車よりは疲れた感じがありますが、
のぞみの普通車と大差ないか、それより楽くらいではないでしょうか。

後ろがいなくてフルに倒していたこともあるかもしれないですけどね。


ということで興味のある方はぜひ利用してみてください。
EX会員じゃない方は「ぷらっとこだま」で調べてみると、
値段は少し違いますが同じようなサービスがあります。こちらもぜひ。
(私はそちらは使用したことがないので詳しくはわからないです…)

関連

コメントを残す