【ボードゲーム】「ドミニオン」カード雑記 基本 Part2

前回の続き。

庭園

デッキを分厚くすると点数が上がるカードだけど、基本的にはドミニオンはデッキを分厚くしたくないゲームなので噛み合わないことも多い。
1枚3点になれば1金安い公領。できれば4点以上にしていきたい。
基本セットなら泥棒で財宝を奪ったり、木こりで購入を増やしたり、それこそ役人で銀貨を積むのもいい。
特に役人は銀貨が入り庭園が買いやすくなるメリットも。
工房は工房と庭園が取れるので高相性。
ただし今挙げたアクションは全てターミナルなので、できれば村系と合わせたい。
とはいえ村系を買っている余裕があるのかと言われるとそれは別の話。

基本ではないが、物乞いとはまた相性がいい。
銅貨3枚獲得しつつあと1金で庭園が買える。神カード。
デッキがどんどん薄まるのはなんとか対策したい。

研究所

アクションを消費せずに手札を1枚増やすカード。強欲な壺
連打してるだけで手札が増えるので基本的には強いが、
研究所-研究所と村-鍛冶屋は同価値であることをお忘れなく。
とはいえ順番が逆だと腐る後者より強いのは明らか。
積んで損はしないカードだけど、このカードだけでどうにかなるカードでもない。潤滑油系。

書庫

手札を減らしてから打つのが高相性。
地下貯蔵庫や祝祭が非常にいい仕事をする。
ちなみに最後のアクションで打っても、アクションカードを脇に置ける効果のおかげで手札にアクションが入って薄まることが減る。
何気に忘れやすい効果。

研究所とはもちろん相性が悪い。

市場

「しじょう」ではなく「いちば」。でもしじょうって言っちゃうくせがついた(どうでもいい)
色々書いてある豪華なカードだけど、どうにも器用貧乏感が否めない。
キャントリップ+1金1購入という風に見れば強いはずなのだが、どうもぱっとしない。
祝祭のほうが強いよね!ってなっちゃう。

民兵

みんな大好き民兵。最初のゲームのセットに入るので、多くの人が初めて使うアタックカードではないだろうか。
相手にハンデスを食らわせた上で2金取れる強カード。
とはいえ闇雲に積めばいいカードというわけではないが。

基本だと堀以外にも書庫がメタカードとして作用する。
手札が3枚になっても結局7枚になる上、不要な2枚を捨ててから引けるのでむしろ得する。

鉱山

手札の銅貨を銀貨に、銀貨を金貨にアップグレードしてくれる札。
基本的には銅貨→銀貨より銀貨→金貨をするほうが強い。
白金貨があるなら最優先。

サプライに別の財宝があればそっちも取れる。
また、最大+3金なので2金だけ増えた札を取るのも問題ない。
一応廃棄した財宝と同じ財宝も取れる。そんな使い方は稀だが、白金貨枯らし狙いとかならあり得るか…?

アタック防御札。1枚で複数回使えるので便利な気がする。
普通に使うと2ドロー。こっちは微妙な感じ。まぁ2金なので仕方ない。

防御札と言うと灯台とかも浮かぶが、微妙に使い方が異なる。
一応見せないことでアタックを受けることもできる。できるけど…そんなことはあるのか?

金貸し

銅貨圧縮しながら金を出してくれるので、序盤優秀な札。
序盤しか仕事がないことも多いので、1枚でいい。
金貸し-銀は割と王道な動きの一つだと思っている。

銅貨廃棄して3金なので実際には+2金。そして1枚しか廃棄できない。とんでもなく強いわけではない。
他に廃棄札があれば不要なことも多いか。

中盤以降、不要になったら廃棄していきたい。
その際、廃棄したカードのコストに応じてメリットのあるカードを使えるとそこそこ嬉しい。
このカードを仕事させるためにわざと銅貨を取るのだけはやめよう。なんかのおまけなら考えるが…

コメントを残す