【ボードゲーム】「seasons ~十二季節の魔法使い~」カード雑記 拡張編 Part1

ここから拡張編です。
なお、拡張編はカードを所持しておらず、
BGAでのプレイ経験からのみのお話になります。
加えて、カード画像は準備しませんので、そちらもご了承ください。
効果も簡単にしか書かないので、必要に応じて調べてください。

ぶっちゃけ拡張も欲しいんだけど入手困難なんですよね(

※画像は拡張ではありません

51. アルゴスの心臓(Heart of Argos)

1ターンに1回、活性化を使うたびにこのカードの上に緑マナを置く。
このカードの上に緑マナがあれば、ラウンド終了時にリザーブに加える。

活性化があれば緑マナを得られる。
よく使う活性化があると強力。
このカードがあればケアンを毎ターンノーコストで打てるようなもの。

水晶球めくりだけでも緑マナを得られるので、本当に強い。
フェアリーがいても活性化を使う価値が生まれてくるので、
活性化をしっかり使えるなら早めにドラフトしてもいい。

次の豊穣の角笛とのコンボがかなり強力。
とはいえその場合も活性化できる札も必要だが。

52. 豊穣の角笛(Horn of Plenty)

毎ラウンド終了時にマナを1個捨てる。
それが緑マナなら5点を得る。

捨てるのは強制。緑がなくても、他の色を捨てなければならない。
緑マナを安定して供給できない盤面では弱い。
が、緑マナを安定して供給できれば、かなり高得点を稼げる。

うまく使えれば強いコンボ系カード。扱いが難しい。

53. 妖精の石碑(Fairy Monolith)

ラウンド終了時にリザーブから1マナこのカードの上に置いてもよい。
活性化でそのマナから1個以上の任意の個数をリザーブに戻せる。

リザーブの一時保管庫になる。
上限個数もなく、取り出しも1ターンに1度とはいえ任意の個数を取り出せるので使いやすい。
強いて言うなら1ターンに1個しか置けないのが難点か。

ただ、例のごとくこのカード自身は何も生み出さない。
こういうカードは便利だけど取りすぎると点数が伸び悩む原因になる。
秘本とはどっちかでいいことは認識しよう。

54. セレニアの古写本(Selenia’s Codex)

自身の魔法のアイテム1枚を手札に戻す。
ただし戻すカードはコストに魔力トークンのあるカードでなければならない。

自分だけアムサグ。と見せかけて魔力トークンコストじゃないと戻せない。
ブーツ戻すのはできないのが残念。

とはいえ、強力なcipの使い回しをいつでもできるようになるのは強力。
相手の減点がないぶん、いつでも使えるアムサグと考えればOKか。

55. イシュターの巻物(Scroll of Ishtar)

魔力の色を一つ選び、その色のコストを持つ魔法のアイテムが出るまで山札からカードをめくる。
最後に公開されたアイテムを手札に加えるか、捨てる。
捨てた場合、もう一度同じ効果を繰り返す。

色を選んで魔法のアイテムを引きに行く。
最初に選ばれたカードが嫌だったら、捨ててもう一度だけチャンスがある。

色ごとにある特徴を掴み、その色を選ぶといい。
青はマナを得やすく、黄色はドローが多い。このあたりが狙い目か。
とはいえ欲しいカードにワンチャンするのも悪くはない。

56. メソディーのランタン(Mesodae’s Lantern)

毎ターン3点。
リザーブが1枠減る。
無償出しは不可。

デメリットも大きいが、非常に強い。
早く出せるだけで毎ターン3点。無条件驚愕の箱と考えればとんでもない強さ。
とはいえ、リザーブが1枠減るので、マナの使い方には慎重になる必要がある。

踏み倒しできないので、なんとかマナを集めるしかない。
ちなみに運命の手などの軽減はできる。

57. イオリスの像(Statue of Eolis)

リザーブが1枠減る。
季節が変わるごとに1マナを得るか、デッキトップを見て2点を得る。

1マナ軽いが、1枠減る時の砂時計。
時の砂時計効果ともう一つ効果があるが、おまけ寄りの効果。
次のターンドロー札とセットで使う前に中身を見る程度か。あとは最後の季節変化。

時の砂時計が結構強いので、こいつもそれなりに強い。
マナが6マナでも回せる人なら十分使いこなせる。

58. 使い魔捕らえ(Familiar Catcher)

使い魔カードが出るまでデッキをめくる。
そのカードが不満なら一度だけ捨てて、同じ効果を使える。

例のごとく1回だけなら捨てて引き直せるカード。
今度は使い魔バージョン。
色は選べない。

選べないとはいえ、ドローなので最低限の仕事はする。
が、なぜかそんなに強い印象がない。そこそこ強いはずなんだけど。

59. イオの変転器(Io’s Transmuter)

季節ダイスでクリスタルを獲得した場合、変転権を得る。
この能力を使って変転した場合、2点を得る。

変転の目を増やせる。
変転が好きなら一考の価値あり。
とはいえ積極的にクリスタル出目を取ることは少ないので使用頻度は高くないか。

クリスタル出目が出たら1個は変転しておきたい。
1個変転なら、最安値でも3クリスタル扱いにできる。

60. 再生の王座(Throne of Renewal)

手札にパワーカードがあれば1枚捨てる。
捨てた場合、1ドローして、ボーナストラックを1つ戻す。

唯一のボーナス戻しカード。
手札からカードを捨てないと戻せないので注意。

不要な札を捨てつつドローして7点くらいもらえると考えればお得。
相応のコストだが、弱い札を流せるのがいいところ。

というか捨てられるカードはゲームメイクしやすいので個人的に好き。

コメントを残す