【謎解き】「ナゾときっぷ(完結編)」に行ってきました

イベント
スポンサーリンク

こんにちは、えあーです。

先日、『ナゾときっぷ(完結編)』に行ってきました。

https://nazotoki-zepets.com/nazotokippu2022/
▲リンクはこちら

いつも通りの雑感です。
相変わらず謎解きゼペッツさんのやつは最近よく遊んでいる。

スポンサーリンク

キットのサイズ

これを持っている人はすでに阪急編・阪神編両方のキットを持っていて、
その中にある封筒を使用するためサイズの情報はいらないと思います。

……持ってない?じゃあ先に阪急編と阪神編をやろうね!!

スポンサーリンク

プレイの前に

遊ぶ前に通常の街歩き系謎解きと違うところがあるのでご紹介。

一日乗車券はついてない

もちろんですが、一日乗車券はついていません。
以前に購入した阪急編と阪神編のやつはすでに使用済みのはずなので、
今回の謎解きでは使用できません。

なので新しく一日乗車券を準備するか、あるいは都度支払って電車に乗る必要があります。

ちなみにキットに入っている説明書に所要金額は書いており、
梅田スタートで阪急編だと860円、阪神編だと840円かかります。
これはゴール地点までの運賃なので、そこから梅田に戻るためにもう320円かかります。(これも載ってる)

阪急・阪神の1DAY乗車券は販売されており、こちら1300円なので、
阪急沿線の方、阪神沿線の方はこちらを買うほうが得そう。
家から梅田及び帰り道で一日乗車券が使える分若干プラスになると思います。

逆にJR沿線やメトロ沿線で阪急・阪神は使わないよって方は、
都度支払うようにすればお得です。面倒なら買ってもいいと思います。

▲ちなみにこれが一日乗車券です。
普通に駅で駅員さんに言ったら買えた。

二手に分かれてのプレイがおすすめ

完結編では阪急編と阪神編とあるので、
二手に分かれてそれぞれのコースをプレイするのがおすすめです。
作成側もそれを想定しています。

もちろん一人でプレイしたりとか、二人いるけど一緒に回ってプレイすることも可能です。
が、二手に分かれているからこその楽しみ方ができるので可能なら二手に分かれる方が面白いです。

私は3人だったので私がソロで、あと2人で回ってました。
移動中若干寂しいのはまた別の話

あ、電車内での通話はやめましょうねー。
LINEのチャットとかで喋るか、その間は諦めましょう。

スポンサーリンク

あったほうがいいもの

概ねルールブック記載のものがあれば大丈夫。
当然必要なキット内容物はおいといて、記載のものだと、

筆記用具、阪神編に入っている路線図はあると便利。
というか筆記用具はなにかしら必要。
元のキットに入っているペグシルでも十分。

イヤホンマイクはある方が望ましい。
通話するシーンがあって画面を見ながら喋れるので欲しい。

モバイルバッテリーはほぼ必須枠。
電池切れたら詰みなので出来れば持っておきたい。
街中のレンタルバッテリーでもいいやってなら大丈夫。

阪急編と阪神編のときのセットは特に不要でした。
でかいので持ち歩かなくてOKです。

まぁ後はいつもの街歩き謎解きとだいたい一緒なのでそういうときに持ってるものがあればそれが必要なくらい。

プレイ雑感

プレイ時間自体は昼食とか込みで5時間程度。
阪急編・阪神編や他の作品に比べると、時間はかなりコンパクトに収まったように感じます。

実際謎の難易度自体はそれらに比べると簡単めだったように感じます。
代わりに連携要素があり、ここを楽しむゲームになっているのかなと思いました。

スタートとゴール以外に一度合流する箇所があるので、
昼食はそこで取るのがおすすめです。

とはいえ普通にやれば他のやつより早く終わるので、
スタートでお昼を食べてから…でも、夜には普通に間に合うので十分かもしれません。

感想としては、
まずは二手に分かれるというスタイル、非常に新鮮味がありました。

オンラインの謎解きキットとかでは二人が別のキットを使って攻略するようなものはよくありますが、
あれを街歩きでやった感じに近いです。かなり新鮮でした。

片方だけが知っている情報を以下に相手側に伝えるかが重要になってきますね。
伝える手段は(ルールで)制限されるので、使える範囲でどう伝えるか、というのがなかなか難しい。

2人~3人のプレイだと、若干1人の方でトラブルがあったときにちょっと面倒というのはあるかもですね。
例えば道がわからない、みたいな。まぁ参加者が近くにいることが多いんで道くらいは聞いても…という気も。

場所的には他の作品に比べ比較的屋根ありの場所が多かったので、
多少天気が悪くてもプレイしやすいと思います。

その他

阪急編・阪神編から続くストーリーであり、
それらが少しずつつながっていき、最後にこうなるのかー、というのも楽しめました。
まさかそういう伏線が…みたいな。

ちなみに阪神編の袋には特別チケットが入っており、
これを使うと……どうなるかは使ってみてのお楽しみということで。

私はちゃんと使いました。なるほどねって感じでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました